ネスとは

ネスは、人やグループが本来持っているはずのリソースを再発見し、それを目的達成のためにエンパワメントすることを目指しています。
そのために、[見る、整理する、活用する]という3つの手法を使います。

3つの手法

ネスの由来
英語の接尾語、nessに由来します。nessは単語の後ろにつき、単語が持つ性質を変える役割を果たします。ネスも、人やグループが本来持っているリソースに注目し、それが力を発揮するような性質へと変わるサポートをしたいと考えています。

屋号:ネス
氏名:羽田野 健(はだの たけし)
業務:研修、コンサルティング(心理的トレーニングの設計実施を含む)、調査分析
学歴:東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース修士課程修了
資格:臨床心理士
来歴:
一般企業にて企業の採用関連のシステム構築・運用に従事したのち、退職。就労支援機関にて、相談業務などを中心に、若年層の就労支援に取り組みました。その後、職業技能の学習に関心を持ち、現在では、職業訓練機関の指導員や講師に対する研修、コンサルティングに力を入れています。特に訓練の中で、認知負荷が技能の習得にどう影響するか、その対処方法はどう習得されるか、熟達者と初心者にはどんな違いがあるか、という点に注目しています。