花火師アカギ(仮名) | 1 打ち上げをイメージして準備する

アカギさんに、花火師が花火を学ぶプロセスと、その中の負荷についてお話を伺いました。1回目は、花火の玉を「作る→打ち上げる→省察する」プロセスです。そこから見えるのは、時間的に距離のある「作る」と「打ち上げる」を意識的につなげることが重要性だということです。
pic1

1時間くらい、花火師という仕事について、伺います。最初に、花火師って何をする仕事なのか、中身をざっとでいいからお聞かせください。その中で、頭に負荷がかかるとして、どういう対処をしてきたのか伺えればと思います。アカギさんは、どういうふうに花火師をされていたんですか?

まず最初は、夏休みのアルバイト。3ヶ月間だけっていう形でやり始めたのが最初で。仕事の工程のまず最初は、花火師さんは何をするかというと、要は花火の企画、プロデュース、打ち上げ、後処理、営業を全部するんですけど、ただ最初のアルバイトのときには、メインの打ち上げの準備。

打ち上げの準備。

そうです。あと片付け。

打ち上げ準備の手伝いというのは、どんなことをするんでしょうか。

まず、花火の仕込みというのをやります。花火は丸い玉をイメージすると思うんですけど、玉だけだと、ボーンってでっかい輪が上空で開くだけです。この玉に、色々なパーツをくっつける作業をします。火薬ですね。いわゆるホシって呼ばれる、ちっちゃいくて丸い玉とか、細長い縦のやつとかをくっつけます。

丸いのだけじゃないんですね。

うん。音の出るやつとか。要はエフェクト、パチパチパチパチってなるやつとか、シューってなるやつとか、色々種類があります。玉には、シダレヤナギだとか、サンリンギクとか、なんとかボタンとか、そいういう種類があって、その色と形に合うようなパーツをくっつけていくわけですね。よく、ボン、ヒュ〜〜〜、ドーーンってあるじゃないですか。あのヒュ〜〜〜は、くっつけてるんです。

自然に出てる音じゃなく、組み込むパーツによって変わってくるわけですね。

そうです。三秒点滅とか、五秒点滅とか。

プログラミングするみたいな感じですね。

そうですね。だいたいセットみたいな形で決まってて、あとは花火師さんの感覚で。赤い点滅のベニテンがいいのか、青い点滅のアオテンがいいのかとか。そこら辺は感覚で変えてったりしますけど、大体のセットは決まってます。

音と形の基本セットみたいなのがあり、やりたいことと出来上がりがわかる。それにベニテンとかアオテンとか色々なパーツを組み合わせる。

好きな色をとか、好きな長さをとか。

組み合わせは、花火師さんが考えることが多いですか?それとも、そういうオーダーが入ることが多いですか?

アルバイトのときは、オーダーを受けてやるんですけど、慣れてくると何発作っといてって言われるんで、じゃあこれはこっち使おうかなって。

最初は細かい指定をオーダーされるけど、慣れてくると、中身については任され、玉を作ってあればいいとなる。そこまでいくのに、どのくらいの時間がかかるんでしょうか。

どのくらいかなぁ。まぁでも一年たったら、私はもうやっちゃってましたけど。

最初の夏はオーダーを受けて作って、次の夏にはもう何発か任される。任される基準みたいなのがあるんですか。

打ち上げで、実際に玉を上げて、見るじゃないですか。それを、こういう感じだなって頭の中でイメージできるかどうか。会話の中でやり取りしながら、イメージできてれば、「こいつはもう大丈夫だな」とか。

ベニテンがいいとかアオテンがいいとか。パーツの段階ではパーツでしかない。打ち上げた時、ひゅーから始まって、どう広がっていくかをイメージできるか。それを探る手段は、実際打ち上げを見て、イメージを掴めてるか確かめる必要がある。

上げたのを見て、任せたはいいけど、なんだこりゃってのはたまにあるから。「誰が作ったんだ。やつはまだダメだな」とかね。

作ったのを見られて、ダメだなってなると、全部細かくオーダーが来る。ダメだと、細かいオーダーに戻る。最初は細かくパーツを指定されるけど、慣れてくるとあんまりになる。そういうふうに任されていく。オーダーに対して、基本セットを元に、自分の打ち上げイメージに合うような星をやっていく。このイメージってどういうふうにできていくんですか?打ち上げるまではわからないものですか?

パーツに名前が書いてあるので、作ってるときにある程度はわかる。これとこれの組み合わせだなって、実際打ち上げのときに自分でみて、こんな感じかってイメージできる。

入れたパーツを自分が覚えてない花火師さんとかもいますか?

まぁいるでしょうね

入れたパーツがあって、それがどう上がったかを見て、そこのつながりが見えてくる。こういう入れ方をしたから、こう上がる。丸いの平面じゃなくて立体。立体の図ってどのくらいはっきりとパーツを入れてる段階でわかります?

筒があるでしょ。こっからヒューパンってあがります。上がるときに一緒に横に出るやつがあるんですよ。で、要はしゅん、ひゅーって上がってる間に下で出ているのとかあるんですけど、基本的には、ひゅーってやつは墨って言うんですけど。こっちが星なんですよ。要は丸い玉に入ってる、丸の中にまたちっちゃい丸が入っている。それを外にくっつけたりすると、出てきたりとか、これがチカチカするとか、すごい光るのかとか。光の強弱とか。これがワンセットなわけですよね。これも色々なエフェクトがありますけど、どれで上がるのかなってのをその感じでイメージする。

頭の中では、点じゃなく動画で再生されるんですね。

あー、動画ですね。

動画で頭の中で再生されるようになるまでってどのくらい時間がかかるものですか?

一回やって出来る人は出来るだろうけど。あーこんな感じなのかって。何種類か作っていれば一回でもイメージできるだろうけど。

試し上げなどは出来ないので、本番に上げてみるまでわからないんですね。

あーないですね。

組んでる段階で、いかに鮮明にイメージできるかが、やりたいことを実現するのにつながってくるんですね。