用語の整理:目的のある練習の4つのポイント

アンダース・エリクソンの提唱する限界的練習において、練習が目的を持って行われるために必要な4つのポイントは以下の通り。

1.目的のある練習には、はっきりと定義された具体的な目標がある。

2.目的のある練習は集中して行う

3.目的のある練習にはフィードバックが不可欠

4.目的のある練習には、コンフォート・ゾーンから飛び出すことが重要

日頃の訓練がこの4つのポイントを満たしているか、指導者と学習者がお互いに情報交換しながらアセスメントする。効果の低い練習に費やす時間を減らし、上達に最適な訓練を意識的に続けるための、重要なチェック要素。

■出典
アンダース・エリクソン, ロバート・プール著. 土方奈美訳. (2016) “PEAK 超一流になるのは才能か努力か”. pp44-48, 文藝春秋, 東京.