最新の研究結果をもとにして、
なぜ本番で実力を発揮できないのかを、
メンタルの仕組みからわかりやすく解説します。
そして、自分をコントロールするための効果的な
方法を学び、どのように習得するとよいかについて紹介します。

主なトピック
  1. 本番では実力を発揮できないのが普通
  2. 感情を言葉にし、予測し、制御する
  3. 回復コーピングの習得
対象者・人数

技能五輪選手、その指導者
20名程度

時間

12時間(2日間)
または
4時間/1日×4回

受講者の声
  • 内容が非常にわかりやすく、実際の訓練や大会での良いパフォーマンスに結びつける事ができると感じました。
  • 自分がどのタイプで、どんな感情になりやすく、どんな作業になってしまうかはっきりわかりました。
  • 自分にあったセルフトークなどで感情を抑えていく方法が発見できて、自分の可能性の幅が広がったと思う。
  • 一つの職種だけでなく、他の職種の人たちと意見交換できたのはとても良かった。
受講者の大会での成績
  • 2017年技能五輪国際大会向け:金メダリスト1名含むメダリスト2名、敢闘賞2名
  • 2018年技能五輪全国大会向け:金メダリスト2名含むメダリスト4名、敢闘賞2名
  • 2019年技能五輪全国大会向け:金メダリスト1名
  • 2019年技能五輪国際大会向け:メダリスト2名、敢闘賞5名

価格

こちらからご確認いただけます。

ご要望やご予算の範囲内で、研修を設計することも可能です。

例:感情のコンダクト・スキル研修を8時間や6時間で実施したいが可能か、など
お問い合わせからご相談ください。