なぜ技能五輪選手は限られた時間内で、ぼう大かつ複雑なタスクを、素早く正確に進められるのか?

このテーマについて職業大の菊池拓男先生と協働で研究を行っています。

研究手法は、インタビュー・データを分析した質的研究とアンケート・データを分析した量的研究の両方のアプローチを採用しています。

以下は、研究で見いだされた知見です。研究の詳細はこちらをご覧ください。

認知負荷

コンダクト・スキル

熟練度別の選手の特徴 ※外部サイトへ

研究の実績

また、熟練者の思考プロセスについてもインタビューを行っています。その内容は「頭の中の工場見学」としてまとめています。

頭の中の工場見学