花火師アカギ(仮名) | 2 玉と筒と台の最適なマッチング

アカギさんに、花火師が花火を学ぶプロセスと、その中の負荷についてお話を伺いました。2回目は、花火の玉を「準備する→打ち上げる→省察する」プロセスです。そこから、見て学ぶ学習では、「爆発の振動と最適な留め具の組み合わせ」のような具体的なものにフォーカスすることが重要、という点がわかります。

pic2