技能を習得するにつれて、
作業をする前から、「これをこうすればこうなるな」と
わかるようになります。

また、頭で考えながらやっていたことが、
考えなくても自然にできるようになることもあります。

日常の例でみると、箸の持ち方、自転車や車の乗り方、
パソコンやスマホの操作方法など、
生まれた時はできなかったが、
今では考えなくても自然にできることが、
いくつもあります。

こういうふうになったとを感じたら、
その人の心的イメージが以前と比べて成長し、
豊かになっていると考えられます。

技能五輪選手の心的イメージ

国内大会でトップクラスの技能を発揮する選手や、
国際大会で上位の成績を獲得する選手は、
多層的で精緻な心的イメージを持っています。

例えば、
ある選手は重要な局面で作業ミスをしてしまいました。
すぐに原因分析を行い、想定される原因を3つほどあげて、
その中から起こる確率が高く、
かつリカバリ可能な原因から探っていきました。

その結果、比較的早い段階でリカバリは困難な問題ということがわかりました。
そのため、ミスによる品質低下を最低限に留めるような
作業計画を新たに立て、時間内で可能な最善の作業を行いました。

結果的にこのミス自体は想定したほど品質に大きく影響せず、
許容範囲の品質で作業を終えることができました。

この事例が示しているのは、
選手がミス原因の知識、リカバリのやり方、達成すべき品質の水準などに関する
精緻な心的イメージを持っていたこと、
それを必要な場面で長期記憶から呼び出し下敷きとして利用したことです。
最善の選択が可能となったのは、
心的イメージの働きがあったと考えられます。

こうした心的イメージは、日々の訓練の中で
選手と指導者が話し合いながら、
具体的な場面を想定した負荷を経験する中で作り上げたものであり、
決して自然に習得したものではありませんでした。

経験を消化して心的イメージが成長する

技能を伝えることは、人の成長と食べ物の関係に似ています。

生まれたばかりのときは、消化できるものやその量が限られます。
したがって、離乳食のような消化しやすい食べ物を、
少量ずつ食べることになります。

そうして食べたものを消化し、栄養に変えることで、
徐々に成長していきます。

成長がすすむと、食べられるものの種類や量が増えます。
それらの消化を通して得られる栄養も増え、
さらに成長していきます。

このようにして人は、食べ物を消化し栄養に変えることで
成長していく側面を持ちます。

ですから、離乳食が必要な時期に大人と同じものを食べることは
出来ませんし、万が一そうしても消化できないため栄養にならず
成長につながらない場合や、逆に成長を阻害する場合もあります。

技能を伝えることも同様と考えられます。

訓練を通して、伝え手は受け手に様々な経験を提供します。
受け手は経験を頭の中の作業場である「ワーキングメモリ」で消化し、
経験を知識、やり方、水準、向上の仕組みなどに変換します。
この消化は、「意味付け」とも呼ばれ、
経験は意味付けされてはじめて長期記憶に蓄えられます。

ですから、何の意味があるのかわからない経験は
消化できない食べ物のようなもので、長期記憶に蓄えられにくくなります。
この場合、経験を重ねても、技能の習得は進みません。

例えば、受け手の習得段階から考えると難易度が高過ぎる訓練課題や、
訓練の量が多すぎると過剰負荷となり、
意味付けするために必要なワーキングメモリの作業を阻害するため、
長期記憶に蓄えられにくくなることが知られています。
これは「熟達化交互作用」と呼ばれます。
成長段階の子どもが大人と同じ食べ物や量を消化できないことに似ています。

このように、受け手の成長段階に適した経験が訓練で提供されたとき、
経験は消化され、受け手の心的イメージが成長します。
それによって技能の習得が進むと考えられます。

ですから、伝え手だけを基準とした訓練が受け手に提供された場合、
経験の消化不良が起こり、技能の成長が阻害されるかもしれません。

その経験は消化できているか?

経験を重ねることで人の技能は成長しますが、
経験の質で、技能が成長する速度は変わります。

良かれと思って実施している訓練が過剰負荷の場合や
過小負荷の場合、技能の成長は想定したよりもゆっくりだったり、
全く成長しなかったりします。

なぜなら、経験が消化されず、心的イメージが豊かにならないからです。

その意味で、
訓練において最も難しいことの一つは、最適な負荷の経験を
提供することだといえます。

最適な負荷の経験を重ねた先に、
目配せしただけで、言わなくても何をすべきかわかるような、
暗黙の了解や阿吽の呼吸が可能となるような技能の伝達があり、
伝え手の手を離れ、受け手自身が自分の技能を向上させていくのだと考えられます。